皆さん、こんにちは。

訪問看護リハビリステーションつばさ、作業療法士の塚田 詩歩です。

 

 

 

すっかり寒くなり紅葉がきれいな時期になりましたね。

10月もあっという間でした。

秋といえば、食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋、芸術の秋…と盛りだくさんです。

 

私はスポーツの秋という事で先日八方池まで登り紅葉を楽しんだり、

家族がハーフマラソンに参加したので応援に行ってきました。

ウォーキングやジョギング、水泳や登山などの長時間継続して行う運動(有酸素運動)は体脂肪をエネルギー源として使い燃焼させるため内臓脂肪も減少させることができます。

 

内臓脂肪が減少することで高血圧、高血糖、脂質異常、動脈硬化等生活習慣病の予防・改善につながるんですよ。

 

日中の暖かい時間に散歩に出かけるなどして体を動かし体を温め、冬に向けて体調を整えましょう。